Just another WordPress site

未分類

段階を踏んで食べさせる離乳食

乳幼児がミルクから通常の食べ物へと栄養源を切り替える際に食べられる食品を離乳食と言い、一般的に生後4、5ヶ月の頃から食べさせ始めることが多いです。ただし個人差もあり、無理に食べさせようとすると却って食事を拒否するようになってしまうこともあるため、注意が必要です。
離乳食はいくつかの段階に分かれていますが、最初の準備期ではスプーンを用いて野菜スープや果汁などを与えます。これにはスプーンに慣れさせると"

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

離乳食の進め方について

赤ん坊の発達には個人差があるので、離乳食を進める時はよく様子を観察しながら行いましょう。
まず、離乳食を始めてよい時期は、一般的に生後5~6ヵ月頃です。
「首が据わっている」「支えがあれば座れる」「食べ物に関心を見せる」「スプーンを口に入れても嫌がらない」という状態になれば、始めても大丈夫です。
ただし、気を付けてほしいのは、「食べさせてはいけない食品がいくつかある」ということです。
「ハチミツ」"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

赤ちゃんにとっての離乳食は

赤ちゃんは、生まれてからミルク、母乳が過ごしていますが、5か月か6か月頃になると
ミルクと、母乳だけでは栄養が偏ってしまいます。
何故って思いますよね。
5か月から6か月までは、ママから栄養を貰っているので、ミルク、母乳を飲んでも栄養が足りているのです。
ですが、5か月、6か月頃になると栄養が不足になるので離乳食で栄養を補います。
そこで、離乳食の時期をまとめますので参考になればいいかと思います。"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

離乳食を赤ちゃんのために作る

はじめて赤ちゃんを授かった人はいろんなことに戸惑いを覚えるものです。その一つに離乳食があるようです。ミルクから離乳食にうつる時期はとても緊張するものです。どんなふうに作ったらいいのだろうか、どれくらいの量を与えたらいいのだろうか、と戸惑いを感じるものです。そういった時にはインターネットや育児書を参考に作るとよいでしょう。離乳食は手がかかりますので、まとめて作っておいて、冷凍しておくなら便利でしょう

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

赤ちゃん時の離乳食はとても大切

昔は離乳食と言えば、すべて手作りでした。お母さんがふかしたジャガイモを丁寧につぶしたり、人参やホウレンソウをゆがいてペースト状にしたりして作っていました。もちろん、今でもそのように手作りで作っているお母さんたちはたくさんいます。しかし、最近はとても手軽に離乳食を与えることが出来ます。それは、ベビー用品店やスーパーなどに行くと、真空パックに入っている離乳食が売っているのです。赤ちゃんが好むような味付

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新